小學生全集

**********

菊池寛




 新聞の広告でも御承知のことと、思ふが、今度自分は芥川の援助をも乞うて、「小学生全集」なるものを編輯することになつた。
 曾て、自分は「小学童話読本」八巻を編輯した。清新にして健全なる童話を精選して、児童の読物に供するつもりであつた。二年近き歳月を費して、漸く完成したが、自分の蒐めた小学生の読物は、その何分の一しか収めることが出来なかつた。そして、完全なる小学生読物は、可なりの大部数を要することが分つた。
 今度「小学童話読本」の出版元なる興文社が、小学生の読物方面に大量出版の出版事業を敢行せんとするに当つて、自分は相談を受けた。「小学童話読本」の編輯であらゆる児童読物に目を通してゐる自分は、全力を以て、その編輯に当ることを決心した。
 自分は文学者であるから、此の全集の中に、世界の少年少女文学の傑作は悉く集めることにした。「クオレ」「少公子」「ジャングル・ブック」「家なき子」「ピイタア・パン」などは、面白いこと無類で、これをよむとよまないで、子供の性格や情操に差違が生じはしないかと思はれるほど、強い感銘を与へるものだと思ふ。
「アレビアン・ナイツ」「イソップ」「アンデルセン」「ロビンソン・クルーソー」はいづれも童話の聖書であるから、これをのぞくことは出来ない。
 自分は少年時代歴史を愛読した。その意味で私は「歴史童話集」に三巻を割いて、歴史的大事件を童話風にかいて見ようと思ふ。
 少年少女の科学智識に対する傾向は、近来殊に著しいやうだ。その意味で、電気、動植物、物理化学、生物学、生理衛生、等子供に分る範囲で、その概略を説明して貰ふことにした。石川千代松、厚木勝基、横山桐郎、山本清、正木不如丘、山本忠興、田丸卓郎、牧野富太郎、兼常清佐、鷹司信輔、辻村太郎氏等の諸学者等、自分とは一面識もない方々が、執筆を快諾して下さつた。御厚意は何とも感謝の外はない。
 興文社は、世間周知の通り最も確実なる書肆で、同社の石川寅治君は「日本名著全集」でも知られるとほり、良書の第一をモットーとし、利害を度外に置いてゐる人であり、その上資力充実してゐるから、全八十巻を完全に出版し得ると思ふ。その上、文藝春秋社も裏書をする意味で、名前を列べることにした、予約について充分の責任を負はんためである。最初は、四六版の計画であつたが、発表前後に、共同印刷所へ、全ページ四度刷と云ふ破天荒な機械が輸入されたので、(その機械は菊版でなければかゝらないので)急に菊版に模様がへした。第一ページから奥附まで、四度刷に出来るのだから、色刷の挿画を毎ページにだつて入れることが出来るのである。従つて、出版界の革命を起すだらうと思はれる。
 その上、定価は三十五銭である。菊判三百ページで、三十五銭であるから、廉い/\と云はれる如何なる全集も、到底比べものにはならないだらう。
 だが、その破天荒の廉価は、たゞ大量生産に依つてのみ、支持されるのであるから、二十万部三十万部では損失は免れないのである。従つて、出来るだけの予約者を得たいから、本誌の読者諸君に挙つて尽力していたゞきたいと思ふ。
 今度は、自分も全力をつくしてやるつもりだ。今月中には、宣伝のための講演も、各地でやりたいと思ふ。何かにつけて、御尽力を願ひたい。
 実際かうした廉価出版は、今だけで前後にないものかもしれない。さう云ふ意味で出来るだけ予約して貰ひたいと思ふ。
(昭和二年五月)

***********

小学生全集 初級用 第1巻 幼年童話集(上) 
菊池寛・訳 編
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年) 

絵・河目悌二 伊藤たかし 村上松次郎 加藤まさを 須藤しげる 芳野尚方 早川桂太郎 明石精一 馬場射地 村山知義 小笠原寛三 海野精光 平澤文吉 齋藤春久 岩岡とも枝 岡田なみぢ
小学生全集 初級用 2巻 幼年童話集(下) 菊池寛・編
興文社 昭和3年 

装丁・杉浦非水 
表紙・見返・扉・竹久夢二 
口絵・本田庄太郎
挿画 伊藤たかし 今村のぶを 岩岡とも枝 初山しげる 河目悌二 神谷萬吉 川上千里 田中良 武井武雄 海野精光 小林永次郎 江森盛八郎 道岡敏 平澤文吉(イロハ順)
小学生全集 初級用 第3巻 イソップ童話集 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年)

表紙、見返し、扉、口絵 岡本帰一 
口絵・挿込画(四色版)村山知義
挿画・カット 道岡敏 今村乃ぶを 黒木民雄 酒井安子

小学生全集 初級用 第5巻 アンデルセン童話集 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙、見返し、扉、口絵、挿込画 武井武雄
小学生全集 初級用 第6巻 日本建国童話集 菊池寛・著
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年)

表紙、見返し 伊藤紅雲、
扉、口絵、野田九浦 
挿込画 伊藤孝 深澤省三 坂井安子 小笠原寛三 浅野緑耳 川原香雨 
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第7巻 日本童話集(上) 菊池寛・著
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

装丁 池田永一治
口絵 田中良
挿込画 岩岡とも枝 早川桂太郎 岡田なみぢ 河目悌二 田中良 江森盛八郎 明石精一 清原重以 平澤文吉
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第8巻 日本童話集(下) 菊池寛・著
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年)

装丁 田中良
口絵 大橋月こう(白に交)
挿込画 一木享(弓に享) 伊藤孝 今村乃ぶを 早川桂太郎 大橋月こう(白に交) 海野精光 道岡敏
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第9巻 世界童話集(上) 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙、見返し 柚木久太
口絵 加藤まさを
扉 江森盛太郎
挿絵 伊藤孝 一木(弓に享) 初山滋 本田庄太郎 冨田千秋 小笠原寛三 渡邊審也 海野精光 松下春雄 江森盛太郎 明石精一 道岡敏 (イロハ順)
背文字 渡邊新三郎

小学生全集 初級用 第10巻 世界童話集(下) 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年)

装丁 清原重以知
口絵 海野精光
挿絵 伊藤孝 今村乃ぶを 小笠原寛三 川上千里 浅野緑耳 水島爾保布 江森盛太郎 道岡敏 (イロハ順)
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第11巻 宗教童話集 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙・見返し・扉・口絵 岡本帰一
挿絵 今村乃ぶを
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第12巻 ギリシヤ神話 菊池寛・訳
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年)

装丁 山口蓬春
口絵 田中良
挿絵 一木(弓に享) 河目悌二 川原香雨 川上千里 田中良 海野精光 清原重以知 道岡敏

小学生全集 初級用 第13巻 アラビア夜話集 菊池寛・訳
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙、見返し、扉、口絵、カット 村山知義
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 第14巻 日本文藝童話集 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年)

表紙、見返し 中村岳陵
口絵、扉 加納川郁之助
挿絵、カット 岩岡とも枝 早川桂太郎 河目悌二 田中良
竹久夢二 武井武雄 海野青光 深澤省三 平澤文吉
小学生全集 第15巻 日本文藝童話集 中 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙、見返し 水島爾保布
口絵、中澤弘光
挿絵、伊藤孝 今村乃ぶを 早川桂太郎 西牧十吉 富田千秋 岡田なみぢ 河目悌二 中野修二 海野精光 江森盛八郎 清原重以知 道岡敏 平澤文吉
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第16巻 日本文藝童話集・下 菊池寛・編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)


表紙・見返し 明石精一 
扉・口絵 海野精光
挿画 伊藤孝 石井適水 西正義 富田千秋 渡部審也
海野精光 八幡白帆 江守盛八郎 浅野碌耳 
背文字・渡邊新三郎

小山内薫 菊池寛 有島生馬 吉田絃二郎 宇野浩二 加藤武雄 沖野岩三郎 齋藤龍太郎 佐竹守一郎 北村壽夫 東野魏一郎 与謝野晶子 上司小剣 
加藤武雄 中村星湖 小島政二郎宇野浩ニ 長田秀雄 芥川龍之介(杜子春)

日本文藝童話集は、所謂文藝家の手になった童話を蒐めたものである。
童話が、文学の一形式となって以来、多くの作家は、童話の創作を試みた。
文藝家の童話は、その気品その筆致等に於て、普通の童話よりも豊かな
藝術味を湛へてゐることを信じてゐる。(菊池寛 はしがき より)
小学生全集 初級用 第17巻 外国文藝童話集 菊池寛・訳 編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)


表紙・見返し・扉 一木ク  
口絵・岩岡ともゑ
挿画 今村乃ぶを 岩岡ともゑ 早川桂太郎 海野精光 
背文字 渡邊新三郎

星の子(オスカ・ワイルド)曲藝師(アナトオル・フランス)
いい香りのする名前(ソローグーブ)
鶴になった王様の話(ハウフ)鍵(ソログーブ)
幸福な王子(オスカ・ワイルド)
はね(ソログーブ)イワンの馬鹿(トルストイ)
小学生全集 初級用 第18巻 外国文藝童話集(下) 菊池寛・訳 編
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年)


装丁 布目敏行 海野精光 伊藤たかし
挿画 伊藤たかし 今村のぶを 一木ク 小笠原寛三 海野精光 松下春雄 道岡敏(いろは順)

ベニスの商人(シヱークスピーア)大男(オスカー・ワイルド)
鯨に喉の出来たわけ(ラドヤード・キプリング)
欲張屋と妬み屋(ジャン・モレアス)
人にはどれだけ地面がいるか(トルストイ)はじめての幸福(チェホフ)
紅玉(ルビー フリードリヒ・ヘツベル)赤ん坊とマーシャ(トルストイ)
大きな爐(トルストイ)百姓と胡瓜(トルストイ)
兎と亀(ロオド・ダンセイニ)
鼻の侏儒(こびと ウィルヘルム・ハウス)
初級用 第19巻 日本歴史童話集(上) 菊池寛・訳 編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙・見返し 小山栄達
口絵・扉 谷洗馬
挿画 石井朋昌 谷洗馬 渡邊審也 
カット 海野精光 
背文字 渡邊新三郎
初級用 第20巻 日本歴史童話集(中) 菊池寛・訳 編
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年)

表紙・見返し 矢澤弦月
口絵 松岡映丘
扉 海野精光
挿画 石井朋昌 谷洗馬 渡部審也
背文字 渡邊新三郎

初級用 第21巻 日本歴史童話集(下) 菊池寛・訳 編
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年)

表紙・見返 前田青邨
口絵 名取春仙
扉 海野精光
挿画 石井朋昌 富田千秋 大橋月皎 名取春仙 呉羽麓郎
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第22巻 古今東西乗物読本 菊池寛編
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年) 


口絵・表紙絵 山村耕花 
装丁・見返し・扉 杉浦非水
色刷および挿画 吉田博 古賀春江 鶴田吾郎 岩田専太郎 奥村林暁 
鈴木亜夫 河目悌二 平澤文吉 村山知義 吉田卓 林重義 茨木猪之吉 
本田庄太郎 山口将吉郎 八幡白帆 藤森静雄 齋藤春久 馬場射地 
萩野光風 道岡敏 武田壽
執筆 小笠原長生 仲木貞一 西谷勢之助 廣瀬操吉 林富美夫 武田壽 
高須清二 菊池寛
小学生全集 初級用 第23巻 児童漫画集 岡本一平 編
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年) 


表紙装丁・岡本一平 
見返し・池田永治 
扉・前川千帆
中扉・海野精光 背文字・渡邊新三郎
口絵 岡本一平 平福百穂 小杉未醒 森田恒友 小川芋銭
執筆者 巖谷小波 池辺釣 池田永治 岩佐新 服部亮英 細木原青起
岡本一平 小川治平 大森ひろむ 小山内宏 尾竹二三男 和田くに坊
河盛久夫 田中比佐良 長崎抜天 中島六郎 牛島一水 
海野精光 山田みのる
前川千帆 藤原英比古 小林克己 佐々木邦 京谷金介 水島爾保布
宮尾しげを 宍戸佐行 森山三郎 須山計一 ほか
織田小星選 
英国漫画 米国漫画 独逸漫画 露國漫画

こどもにおやつが必要なやうに、こどもに漫画は必要であります。
それは教育の主要食には、ならないかも知れないが、成長に弾力を与える活素になります。
世界で新興の民族は、無邪気な漫画を悦び、廃頽の民族は、漫画を持つ余裕の無い事実を見ても判ります。
こどもに漫画を与える事に就いて御賛同を願ひます。
……本書は一方の趣味に偏しないやう、成る可く多くの漫画家の作品を載せました。
それが期せずして現代漫画大全になった事は、編者のひそかに驚喜するところのものです。
今までに一書で、これだけの内外漫画を集めたものはありません。
(一平 生識 編集に就いて)
小学生全集 初級用 第25巻 日本動植物絵本 菊池寛・七澤甚喜 共著
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年) 

表紙・見返し 高木保之助
扉・海野精光
彩色画 石橋武助 小林重三 浅野薫 水島南平 三國久 道岡敏
挿画 海野精光 小堀安雄 浅野薫 三國久 道岡敏 杉雄ニ 
背文字・渡邊新三郎

動物でも、植物でも、みないろいろ思ひ思ひの生活をしてゐるもので、それをしらべて見ると、一つとしてお馬鹿なものはなく、みなおりこうで、自分の子や孫のために、せい出してはたらいてゐます。さうして、われわれとはたいへんに関係がふかくて、ためになるものもあれば、やくかいをかけてこまるものもあります。
(七澤甚喜 はしがき お子どもさまがたへ より)
小学生全集 初級用 第26巻 黒馬物語・フランダースの犬 菊池寛 訳編
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年)

装丁 山六郎
口絵 武井武雄 海野精光
挿絵 今村乃ぶを 武井武雄
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 初級用 第27巻 日本世界偉人画伝
興文社 文藝春秋社 1928年(昭和3年) 


装丁・木村荘八 
口絵・中村岳陵
挿画 池田永治 岩田専太郎 伊藤孝 伊藤成一 長谷川露二 
小笠原寛三 小見辰男
河目悌二 神谷萬吉 谷洗馬 田中良 中村岳陵 
海野精光 山口将吉郎 浅野緑耳 笹鹿彪 清原重以知 
水谷晄 道岡敏
背文字 渡邊新三郎

本書に集めた百二十四人の偉人の短い言行抄録は、何れも少年少女の真三を叩くに好適の資料を選んだものであります。
ただ為めになる話、よい話といふことだけでなしに、興味深い極めて面白い話ばかりを採ったのであります。
人物を選ぶにしても、既によく知られてゐる、特に有名な人物ばかりでなく、
これからの少年少女は知っておいて然るべき人物であると思ふものは、特にその名を紹介しておく意味で掲げたものも少くありません。アンリー・ポアンカレーとか、フツカーとかいふような、普通には知られない人もわざわざ入れたのは、この心からであります。
(菊池寛 はしがき より)
小学生全集 初級用 第28巻 アリス物語
興文社 文藝春秋社 1927年(昭和2年) 
表紙・見返し・扉 口絵・挿画 平澤文吉

「アリス物語は、一つの夢であります。読んでゐるうちに、児童の心を知らず知らず、夢の國へつれて行つてしまふ、物語であります。
かうしたものも、本全集に、是非一冊だけは収録することが、必要であると思ひます」
(菊池寛 はしがき より)
小学生全集 初級用 第30巻 ホーマー物語
興文社 文藝春秋社 1929年(昭和4年) 

装丁 高畠華宵
口絵 本田庄太郎 海野精光
挿絵 本田庄太郎 浅野薫
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 上級用 第86巻 面白絵本 小学生全集編集部編
文藝春秋社 1929年(昭和4年)

表紙・見返 武井武雄
口絵・扉 海野精光
挿絵 岡田なみぢ 太田勝二 川上千里 武井武雄 海野精光 江森盛八郎
道岡敏 宮崎ミサヲ 志田嘉明 杉雄二

小学生全集 上級用 第87巻 漫画絵物語 小学生全集編集部編
文藝春秋社 1929年(昭和4年)

表紙・見返 池田永一治
扉 海野精光
口絵 海野精光 宮尾しげを
背文字 渡邊新三郎
小学生全集 上級用 第86巻 面白絵本 小学生全集編集部編
文藝春秋社 1929年(昭和4年)

表紙・見返 武井武雄
口絵・扉 海野精光
挿絵 岡田なみぢ 太田勝二 川上千里 武井武雄 海野精光 江森盛八郎
道岡敏 宮崎ミサヲ 志田嘉明 杉雄二

随時更新していきます。

戻る